株式投資体験談:株式投資を行う上での私の心構え

社会人で資金に余裕が出来たことから株式投資をはじめました

飛び立つスカイマークのジャンボジェット私が株式投資を始めたのは、今から5年前のことでした。
就職をして、貯金をすることが出来る余裕が生まれたのがきっかけでした。
株式投資のことは全く分からなかったので、インターネットサイトや書籍で勉強をしました。
そして、口座を開設しました。

始めてみよう!バーチャル取引

最初から自分のお金を使って取引をするのは自信が無かったので、バーチャル取引から始めました。
自分のお金ではないということで、気軽に行うことが出来ました。
バーチャル取引は、数ヶ月間続けました。
そこでは、毎回プラスになるというわけではありませんでしたが、結果的にはマイナスとはなりませんでした。

投資ルールを決めてからリアル投資を始めました

そこで、少しではありましたが、自信を持つことが出来ました。
自分のお金で取り引きをするにあたって、いくつかのルールを決めました。
まず最初に決めたことは、無理をしないということです。
取り引きはあくまでも余剰資金でのみ行うと言うこと、そして、勘で取り引きは行わないということです。

お金を稼ぐことが株式投資の目的

資金を増やす、これが私が投資を行う目的です。
余剰資金以上の金額を投資に充てれば場合によっては資金を大幅に増やすことが出来るかもしれません。
しかし、その逆も考えられます。
私はハイリターン・ハイリスクの取り引きを行うよりも、堅実に少しずつ資金を増やしたいと考えました。
そして、勘で取り引きを行わないということも重要だと感じています。
勘には、常識では説明をすることが出来ない力があるのかもしれませんが、私の勘はそれほど信じる事が出来るものではありません。
中長期的な取り引きを行うのではなく、短期間に取り引きを繰り返し、資金を少しずつ増やすというスタイルで取り引きを行っています。
今のところ、少しではありますがプラスになっています。